ISO規格は「企画」:場面別!ISO使いこなし情報

« ISO審査Q&A:内部監査関連 | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISOで業務標準化とスピードアップ »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISO規格は「企画」

ISO規格は「ISO企画」
ISOシステムの構築で、一番の悩みが「ISO規格」の解釈でしょう。難解な日本語に翻訳されていて、何を言いたいのかよくわからないものです。

しかも一般的に「守らなければならないもの」と言われています。ここが企業にとって重たいシステムになってしまう原因だと考えてよいでしょう。

ではどうすればよいのでしょうか?

「ISO規格」は「ISO企画」であると考えてみましょう。
「企画」とは自分で考えるものです。つまり、自社にあった仕組みを作るということになります。

「ISO規格」という考え方を理解しようとしているから、どんどん深みにはまり、あれもこれもと欲張ってISO運用が大変になってしまうです。できるだけ運用しやすい、自社にあったISOシステムを「企画」するという考え方を持ちましょう。


ISO規格解釈の問題点
1994年版のISO9000シリーズは、製造業のために作られたと言っても過言ではないくらいでした。そのISO規格に当てはめたISOマニュアルを作った結果、「ミスやロスが多く出る」「管理システムや手順がないので手順化したい」といった課題を解決することはできたかもしれませんが、「膨大な作業量になった」「ISOの審査を受ける為の手順や記録になった」など新たな課題が生じたのも事実です。

しかしながら、ISO規格の解釈に問題があったという事実も見逃せません。画一的な「こうしなければならない」的な表現は多く見受けられるものの、結局は企業独自のものに仕上げていくという努力不足であったのではないかと思います。



ISOの規格要求事項とは
ISO取得という目標は「一大事」であり、目標を達成するにあたっては「多くの処理や障害が発生し、解決しなければならない」ことが多大にあります。

ISO規格に準じてISOマニュアルや規定、業務手順書を作り、運用していくわけですから、当然、今までの業務には無かった手順が発生することがあります。「内部監査」などは、その最たる例ではないでしょうか。

ISOの規格には、これらの項目を社内でルール化してくださいと要求されている事項があります。これを「ISO規格要求事項」といいます。ISO規格の内、品質に関する規格がISO9001で、日本語版はJIS Q 9001です。


ISO規格を文書化するテクニック
ISO文書類ができたら、その文書中のどの部分がISO規格要求事項を満たしているのかをひとつひとつ確認する事です。ISOマニュアルや規定類は文書で記載されていればOK(とはいっても、手順であるので、手順に書かれてあるからには実施されている事が条件)の内容と、記録が大変重要な役割を果たすものがあります。4.2.4項の記録の管理に要求されている記録の種類以外にも、組織のために必要なISO記録も多いものです。

ISO様式の作り方で、様式中に手順を書き込む事で手順の推進とISO文書化が同時に行えるという話をしました。つまりISO規格要求事項を含む欄を様式化することが最善策でしょう。初期段階では考えれば考えるほど複雑な様式になりがちですが、実施しながら、規格を何度も読み返して、該当しているかどうかをチェックすると、必要ない・重要でないことも発見できます。「文書ができたら規格と対比させる」この繰り返しです。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら