ISO取得目的の本音と建前:場面別!ISO使いこなし情報

« ISOブームが会社をつぶす | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISO取得費用の裏話 »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISO取得目的の本音と建前

ISO取得企業の本音は「本根」?
ISOの導入を考えるとき、企業の本音とはどういうことでしょうか?企業のホンネとは、その企業に「本来根ざしている」課題・問題、つまり「本根」です。この「本根」を明らかにすることが企業がすべきことであり、それを解決するためのソリューションツールとしてISOが活用できるのです。

ISO2000年版では文書化しなければならないものが減少し、企業が負担に感じていた点を軽減する措置が取られています。その代わりに、顧客満足が強化され、継続的に改善していくための手法を取り入れなければならないなど、新たな要求事項もありますが、この2つは企業が本来抱えている課題―「本根」です。

顧客のことなど考えない。一度作ったら放ったらかしのシステム。これを明らかにしなかったこと、課題としなかったことこそが問題なのです。

ISOは経営課題解決ツールになりえます。「顧客満足の考え方の定着」「継続的なシステム改善の実施」この2つが常時行われている状態を作り出すだけでも有効なソリューションツールであるとお気づきいただけるでしょう。


ISO取得の本来の目的は?
どんな組織にも目的があるように、ISO取得にも何らかの目的があるはずです。ここでは、ISOの取得目的と企業が抱える課題について本音と建前の観点から述べます。

ISO取得を目指した企業の大半は「トップダウン」による決定です。トップたる経営者がISO取得を決定し、組織へ命令する。そこで問題となるのが「ISO取得目的」です。



ISO取得目的の本音
ISO取得目的の実例を挙げてみます。

A会計事務所はISO取得に際して、所長が以下のように考え、所員に伝えました。

「今年の目標を『監査マニュアル作り』としたものの、なかなか進んでいない。監査マニュアルは、将来の会計業界の2極化に備えて、記帳代行業務ではなく経営指導役となるために、監査システムを構築し、経営助言業務へのステップアップを図るために必要不可欠。
実はF会計事務所から「ISO」の話があった。ISOのシステム(規格要求事項)そのものが、企業経営において必要な仕組みであり、構築過程を通じて顧問先の経営指導に役立つノウハウを得る事ができる。他の事務所との差別化を図る為にもISOを取得し、監査システムを構築する。」

一見、建前のようにも聞こえるでしょうが、「本音」なのです。本音で語ったからこそ、所員の多少の困惑、反発があったものの、7ヶ月という短期間でのISO取得が実現しました。


ISOを取得せざるを得ないケース
元請や行政指導によりISOを取得せざるをえなかった(仕方なく取得した)ケースです。

建前は…ISOを取得しなければ仕事がなくなってしまう。
本音は…ISOを取得してもどうなるものでもない。

このように感じてISOを取得した企業は、残念ながら価値的なISO取得とはいえません。ISOを取得したことにより、そのシステムを運用することやISO審査費用が重荷になるだけでしょう。

しかし、建前は同じでも本音が違う場合はどうでしょうか。

建前は…取得しなければ仕事がなくなってしまう。
本音は…うまくやれば業績が上がるかもしれない。

このケースは、本音と建前が違いますが、社員には、建前の考え方が浸透してしまい、ISO運用面においておぼつかなくなることは明らかです。


ISOは「本音=建前」で!
「建前」を広辞苑等でみてみると「一応の方針。表面的な原則」とあります。この対義語が「本音」です。つまり、「本音」と「建前」は一般的には相対する言葉として使われます。

しかし、企業の理念、経営において、社員のやる気を喚起する為には「本音=建前」でなければなりません。「建前」が理念にならなければなりません。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら