ISOでの「レビュー」:場面別!ISO使いこなし情報

« ISOの「是正」「予防」 | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISOでの「レビュー」

ISO的「レビュー」とは?
ISOでは「レビュー」というキーワードが頻繁に登場します。日本語訳では「見直し、確認」ですが、ISO用語説明集によると「レビュー」とは次のように書かれています。

「設定された目標を達成するための検討対象の適切性、妥当性、及び有効性を判定するために行われる活動」また、「レビューには、効率の判定を含むこともある」というのです。単なる日本語訳の「見直し、確認」よりも踏み込んだ意味ですね。だから「レビュー」なんです。

ISOでは同じように日本語訳では言葉の意味が伝わりにくいので、そのままの言葉がよく使われています。例えば、「目標管理」の視点でのレビューという言葉は以前から使われていますが、単なる打合せやヒアリングではないのです。ここで言う「レビュー」とは、対象となる社員に対して事前に「どういうことを聞こうか」「何を指導しようか」と考えておき、レビューの場で実践するのです。大きな違いは「必ず、指導しよう」という点。

管理者の仕事は「部下の育成にある」と言われますが、部下の育成の為には指導が不可欠です。つまり、適切性、妥当性及び有効性を判定し、指導のため(次のステップのため)に活かすのです。ISOでは、次のステップへ活かさなければならないという意味で「レビュー」なのです。


ISO的「マネジメントレビュー」
ISOでいう「マネジメントレビュー」とは「経営者による見直し」です。ISOシステムを構築していくにあたり、かなり重要なポイントです。もちろんマネジメントレビューを実施していなければISO審査は受けられません。

定期的と決めてあっても、その期日を待っているとISO審査時期がかなり遅くなってしまうので、大抵の場合は臨時のマネジメントレビューを行ないます。この「臨時で行なう」旨をISO品質マニュアルにも書き添えておく必要があります。というのも、ISOマネジメントレビューは経営者が気になる事を部下に命令し改善していく活動であるので、日頃から行なわれている事項なのです。

ISO内部監査などの大掛かりなシステムに関する報告があった場合はもちろんのこと、経営者は日頃よりISOシステムに関わる責任(コミットメント)があるのです。但し、経営者が直接マネジメントレビュー記録を作成する事はないでしょう。指示を受けた者が作成するようにしてはどうでしょうか。

ISOマネジメントレビューはインプットとアウトプットがあります。見直すわけですから情報が必要で、ISO規格が求める情報があったのかなかったのかが記録として必要です。また、アウトプットも然りで、ISO規格が求める見直し項目をする必要があるのかないのか。これらは一般で使用する議事録をマネジメントレビューの記録とすると項目が漏れる可能性があるので、専用の様式を作成し、ISO規格が求める項目が(有・無)と明確になるようにするとよいでしょう。



ISO9001:経営者とISO14001:経営層の違い
ISO9001規格では5.6項ですが、同様にISO14001規格では4.6項(規格要求事項の最後)に該当します。ところが、ISO14001では「経営層による見直し」と訳されています。

「経営者」と「経営層」の違い?ISO14001ではTop management(最高経営層)との違いを明確にしたいため(のよう)ですが、実は翻訳の違いどおり、違った解釈がなされている場合があります。ISO9001では経営者―つまり社長が一人で見直しを行えばOKで、後の実施を誰かに任せる方法が一般的です。

ところが、ISO14001は経営層―つまり役員や幹部などを含む「経営層」出なくてはならないと解釈されているケースがあります。あるISO関係の書籍でこのように書かれており、ISOマネジメントレビューは経営層で見直さなければならないと説明した審査員もいました。でも、ISO9001同様に、社長個人が行っても良いという審査員もいます。原文は英語であり、日本語訳は非常にわかりにくい。ここに解釈の違いが出るのでしょう。どちらも間違いではなく、審査員次第ということもあります。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら