ISOで経営者の見直し?:場面別!ISO使いこなし情報

« ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISO内部監査が「無不監査」に »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISOで経営者の見直し?

社長は「写超」
社長は会社の顔。その社長が熱心にISOに取り組んでいれば、社員もついてくるというものです。しかし、一部の社長は、ISOシステム構築には無関心で、ただ取得できれば良いという考えの方のようです。

会社の顔である社長が、無関心なISOシステムに社員がついていくわけがありません。社長は、会社の考え方を写し出す最も(超)影響力のある人物なのです。社長は「写超」です。率先して、ISOシステムの構築・運用に取り組んでもらいたいものです。


経営者の見直し?
ISO規格の中で「経営者による見直し」は非常に重要なのですが、結構いい加減な経営者もいるもので、口では「ISO、ISO」と部下にけしかけながら、自分では何もやらない経営者も多いようです。

こういう経営者がいるとかえってISOはやりにくく、迷惑なんですが、本人にはあまり自覚がないことがほとんどです。こんなときに必要なのが「経営者の見直し」です。

「経営者による見直し」をする前に「経営者の見直し」を断行しましょう。もちろん皆様のところは大丈夫だと思いますが、十分に気をつけてください。

ISOは一にも二にも経営者の決意で全てが決まります。その姿が組織を大きく成長させていくのではないでしょうか・・・


人罪?人材?人財?
一般的によく使われる言葉ですが、「人材」を「人罪」にするのも、「人財」にするのも組織次第ですよね。人材教育に関しては様々な公的支援もあるように、企業にとって「ヒト」という資源の良し悪しはまさに死活問題。

ISOは「人的資源」の重要性をかなり強調しています。どういうことかと言うと、思いつきで教育するのではなく、そのヒトにあった教育の内容を真剣に考え、計画的に実施していくことがヒトの能力を「マネジメント」し、向上させるという考え方なのです。

ISO審査においても、「教育・訓練」は超重要審査事項のひとつです。ISOシステムを組織に徹底させるための教育・訓練に限らず、能力向上に関するすべての教育・訓練の在り方を考えさせられる場面が実に多いです。ここにもISOを経営ツールとして活かしていけるヒントがあるように思います。



ISOでの責任者の認定について
ISO導入を決め、構築が進んでいくと「責任者」を決めなくてはならりません。ISO導入が決定した時点でほとんどの場合「管理責任者」が認定されます。

プロジェクトチームの編成は、部長クラスで固めたり、課長や係長、一般社員まで巻き込んだりと様々なケースがあります。現在の業務では、漠然としつつも「責任者」は決まっているでしょう。

ところが、ISO要求事項として、新たな責任が発生したり、ひとつの要求事項に複数の責任者が生じたりすることがあります。新たな責任は任命すればいいわけですが、複数の責任者が生じた場合は問題が生じます。審査です。

ISO審査において、複数の責任者が掲げられている場合は、複数人とも審査しなくてはなりません。この時、二者二様、三者三様の答えをしてしまうと、「徹底されていない」ということになってしまいます。というようなことにならないように、「責任者」は出来るだけ単数が望ましいでしょう。


ISOシステムが「死捨無」に?
ISOシステムは運用しなければダメ。そのISOシステムを運用するのは誰か。「社員」です。「トップ」ではありません。

ISOシステムの導入、内容の承認は「トップの権限」でしょうが、つまりは社員が運用しなければ意味が無いのです。だからこそ、社員を巻き込んで、社員が使いやすいISOシステムにすることが重要なのです。

社員が使いにくいISOシステムなど運用できるはずがありません。ISOマニュアルや手順書、フォーマットの類はあっても、まったく使われないISOシステムもあります。ISOシステム自体が「死」んでしまっているようなものです。「捨」てられているようなものです。ましてやISOシステム自体が「無」くなってしまっているケースもあります…。「死捨無」とならないようにご注意ください。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら