ISOで管理者養成:場面別!ISO使いこなし情報

« ISOで内部統制 | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISOの基本「5つのS」 »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISOで管理者養成

ISOを活用して管理者の能力向上は可能か?
ISOのシステムを活用して、管理者の能力向上を図ることができるでしょうか?

管理能力を向上させるためには、自分は何を管理するのかを明確にしてあげることです。すなわち、責任と権限を明確に与えることです。

しかし、現実は部下の失敗や目標達成度の低さを管理不足と言われ、怒られてばかりの管理者が何と多いことでしょうか。

よくよく考えれば、この管理者たちは管理する方法を教育されていないことが圧倒的に多いのです。そして課長という責任は持っていても、部長が実権を握っていて、責任に見合う権限を与えられていないことが多いのです。

責任に見合う権限を与えて初めて管理能力を問うことができるのではないでしょうか?ある面ISOは究極の責任・権限委譲システムでもあるです。


ISOで管理職のマネジメント力アップ
ISOがマネジメントシステムである以上は管理職のマネジメント力が問われることは必至です。ISOの8原則の第2に「リーダーシップ」がありますが、ISOリーダーは「組織の目的と方向をひとつにまとめ上げる。そして全社員がこの目的を達成することに十分に参画できる内部環境を創り出し、維持すべきである。」とされています。具体的には、まず、組織の将来に関する明確なビジョンを確立し、伝達すること。

次にこのビジョンを測定可能な目標に転換すること。そしてこの目標が達成されるように教育訓練し、指導することです。組織のリーダーとしては当たり前といえば当たり前の役割ですが、この当たり前のことがシステマチックに循環されていることはほとんどないのが実情ではないでしょうか。


ISOで責任と権限を理解する
ISOの規格要求事項にある「責任及び権限」にはこう書かれています。「トップマネジメントは、責任及び権限が定められ、組織全体に周知されていることを確実にすること。」

つまり、一般的に非常に不明瞭である各役職者の「責任・権限」を明確にしなければならないのです。しかも決定するのは「トップマネジメント」すなわち経営者(陣)であるため、管理者としての資格をより明確にすることが可能になるのです。

管理者に対して、自分に与えられた「責任・権限」をしっかりと理解させ、これを最大限に利用させて、会社のために自分ができることは何かを考えさせる仕組みがマネジメントシステムとしてのISOなのです。



「良い上司」ですか?
中小企業の多くの管理者が「プレイングマネージャー」です。営業マンであれば、自身の売上目標、利益目標があり、更に部下の目標に対しても責任を負うということになります。さらに、部下があらゆる面で成長するように育成していかなくてはならない責務も負います。

では、管理者の仕事とはどちらが優先されるべきでしょうか?

それは、「部下の育成」です。管理者の方々に「あなたの仕事は」と問うと、「部下の行動管理」「予算管理」「部下の補助」という答えが返ってきます。

しかしながら、本来の管理者の仕事とは「部下の育成」なのです。管理者は会社の様々な業務を理解しています。会社の中で、部下に「良い上司」と思われている人ほど、部下が育たないのです。

「良い上司」は、部下が行うには難しそうなことや、時間が掛かりそうなことを引き受け、自分が処理してしまうので、部下の能力が育たないということなのです。


「嫌がられる上司」ですか?
自分の仕事までも部下に「これ、やっといてくれ」と頼む上司がいます。部下はいやいやながら、上司の命令なので仕方ありません。

もちろん、部下の仕事を助けてくれることもありません。唯一、やり方を教えてくれたりするくらいです。実は、この上司こそ、部下の育成ができる上司なのです。

皆さん経験があると思いますが、人に教えることほど難しいことはなく、人にやってもらうほど時間が掛かることはないのです。

「早く」「正確に」やろうと思えば「自分でやるに限る」です。ところが、なんでも自分でやってしまうと、部下はいつまでたっても新しい仕事ができず、能力が向上しないということになります。人に教えることは難しい。難しいからこそ管理者には価値があるのです。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら