ISOでクレーム防止:場面別!ISO使いこなし情報

« ISOで能力開発 | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISOを営業ツールに »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISOでクレーム防止

ISOは「クレーム防止ツール」
「クレームは信頼関係を得るチャンス」といわれます。クレームや苦情は無いにこした事はありませんが、やはり発生してしまうものです。ここで大事なことは、クレーム・苦情が「何故起こったのか」という原因分析にあります。この原因分析が間違っているとクレームが大きくなってしまうこともあります。

「クレームによって信頼関係を得る」ことになるのは、同じクレームや苦情が発生しないことが大前提です。自分は初めてでも、他の社員がやったことがあると「また」となるのです。他人のミスをも自分の経験にできるISOの「是正処置・予防処置」の考え方は、組織としての信頼を得る絶好のツールとなり得ます。


ISOで不良品の低減
いつまでたっても減らないのが、不良品と苦情の山だったりします。ISO規格では「不良品」を「不適合品」と呼んだりしますが、製造業では「不良品」の方がなじみやすいでしょう。

ところがサービス業では、不良品という言葉はあまり理解できないと言うことをよく耳にします。サービス業で言う「不良品」とは、

・工程上の手順の間違い
・書類の記入ミス

などでしょうか。「製品」には「サービス」が含まれていると定義されています。「製品」だから「不適合品」であり、「サービス」で言うなら「不適合サービス」や「不適合プロセス」と言ったほうがよいでしょう。

顧客に提供するサービスが本来のレベル以下のサービスであったり、自分勝手に進めた手順(プロセス)で漏れがあるサービスを提供したりと、システムが意図している目標と違った結果が出た場合に「不適合(品)」となるのです。


ISOで不適合の原因追求
不適合品になる原因は一体何なのでしょうか。一概に不適合品といっても、その原因は様々です。つまり、原因を的確に分析し、原因を排除するための施策を実施しなければ、いつまでたっても不適合品は減らないことになります。

そこで問題になるのは、

・単なるその場限りの手直しで済ませていないか。
・不適合品が発生しても仕方がないという意識が社内に蔓延していないか。

ということです。



ISO流の不適合品の処理
ISOの規格要求事項をみてみましょう。

ISOでは「不適合品」が発生した場合の処理方法が数種類あります。

・手直し
・特別採用
・ランク付けの変更(A級品をB級品にランクダウンして販売する)
・廃棄

不適合品が出た場合、これらの処置を実施して、世に送り出す事は決して悪いことではありません。この考え方は、先の「不適合品」の考え方でも述べたように、モノを扱う業種は理解できるでしょうが、サービス業では理解しがたいのです。

「手直し」はわかるとしても、「特別採用」「ランク付けの変更」「廃棄」という考え方は存在しないことが多いのです。


ISOを最大に活かす「クレーム処理」
「不足している状態」を満たそうとする欲求がニーズだとしたら、「今、何が不足しているか」を見つめるところから顧客ニーズの発見が始まります。言い換えれば、企業の弱みを突き詰めていけばそのニーズにぶつかるということです。

しかしながら、自分の弱みを見せたがる企業なんてそうそうあるはずもないでしょう。いかにして顧客のニーズをつかむのか。企業の永遠のテーマではないでしょうか。

大阪のある中小企業では各課の中で小単位のチームをつくり、社員が顧客のクレーム対応をした事に奨励金を出し、これらを原資としてチームごとに賞与に反映させるという制度をつくっています。この制度により社員が積極的にクレーム対応をするようになり、上司への報告が迅速に行われるようになった事で顧客との信頼関係が深まり、評価も上がっているそうです。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら