ISOで利益創出:場面別!ISO使いこなし情報

« ISOで人材育成と改善の仕組み作り | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISOと社員のボヤキ集 »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISOで利益創出

ISOで利益創出を目指す
ISOを導入してコスト高になっているケースが多いようです。直接的には外部審査など、これまでかからなかった費用がかかります。同時に、運用していく上での人的コストが問題です。さらにISOは文書が増えるのだから原価が上がって当たり前というのが一般的。

例えば、建設業などは「受注優先」、入札要件だからISOを取得し、コスト増になってもいたしかたないと諦める。ところが今の時代にコスト増になっても構わないほど余裕のある企業がどれほどあるでしょうか?

ISOをよくよく見つめれば、要は「システム化」と「文書化」である。どうせシステム化するなら競争力のあるシステムを構築すべきです。

つまり「受注力のあるシステム」「コスト競争力のあるシステム」を構築すべきですし、コストダウンや利益創出につながらなければ無意味でしょう。ISO取得を目指すならもう一度「取得目的」を明確にすると共に「競争力のあるシステムづくり」を根底において取り組むべきです。時代はさらに厳しい競争へ、勝ち残るにはコストダウンの時代です。原価高のISO導入は全く逆行してますし、どうせやるなら利益創出を目指すべきです。


ISOは利益増のシステム
これまでの話は自社寄りの利益創出システム構築に終始しているように聞こえるかもしれませんが、品質を目標とするISOの考え方を基に構築されたシステムはどこを切っても「顧客満足」です。

「おたくはISO導入してから、随分と対応が良くなった」と評価を受けて初めて完成です。「四五十(しごと)」とは何でしょうか?顧客の満足を追及することです。顧客満足を追求した結果として、顧客が10の満足を得たとしたら、その半分の5を返してもらいます。この5の売上を得るために4の原価をかけ、ここで差し引き1の利益が生まれます。この1の利益を倍にし、2の利益が欲しいとなれば、原価を3に減らすも良し、売上を6にするも良いでしょう。

しかし、この利益を3にしたいからといって、原価を2にしたり、売上を7にしようとすれば無理がきます。そんなことより顧客満足を20にし、30にする知恵を出そうとがんばる。顧客満足は青天井であり、どこまでも追及できるのですから。いくらコストダウンが図れたとしても、顧客満足が同時に達成されなければ、自己満足的システムですし、もちろんそんなシステムでは受注増につながるはずもないのです。



ISOでスピード化
なんと言ってもスピードの時代!

「早い」ということは時代が求める大切な品質の要件です。クレーム対応の早さはもちろんですが、業務の標準化を図り、効率化を目指す以上はこのスピードに対する意識は非常に重要です。

不適合に対する是正処置や予防処置はISOシステムの真骨頂ですが、処置内容もさることながら、早さと的確さが求められます。


効率優先の失敗
「目標」のない企業はありません。「売上」にせよ「コスト削減」にせよ、何らかの目標を持って取り組んでいます。それなのにISOとなると話しが変わってしまいます。何故でしょうか?

ひとつはISO取得期間における「効率」を優先するあまり、他社のISOシステムの真似をしてしまい、本来、自社に必要なISOシステムがどのようなものかを見失ってしまうことです。


社長は会社の顔ですから
社長は会社の顔。その社長が熱心にISOに取り組んでおれば、社員もついてくるというものです。しかし、一部の社長は、ISOシステム構築には無関心で、ただ取得できれば良いという考えの方もいるそうです...。

会社の顔である社長が無関心なISOシステムに社員がついていくわけがありません。社長は、会社の考え方を写し出す最も(超)影響力のある人物なのです。社長は「写超」です。是非共率先して、ISOシステムの構築・運用に取り組んでください。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら