ISO9001:2000年版規格とは:場面別!ISO使いこなし情報

« ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 | 場面別!ISO使いこなし情報トップページ | ISOでの「QMS」の意味 »

このサイトは Yahoo! JAPAN に登録されています。

ISO9001:2000年版規格とは

ISO規格はなぜ難しいのか?
ISO取得に欠かせないのが、当たり前ですが「規格の理解」です。ISO9001:2000規格の日本版がJIS Q 9001:2000です。ご存知、製品によく付けられているJISマークのJISです。

日本版は英文であるISOを訳しているので、変な・難しい日本語が多い。つまり、いろいろな解釈が出来てしまうということです。何度も繰り返し読まなければならないのか4から8項。ISOシステムを作るために必要である、概要から始まって、経営者として何をすべきか、人・モノ・金・情報をどう活用するか、製品を作る・サービスを提供するために必要なポイント、更に改善していくために必要なことが詳細にかかれてあります。この難しい言葉を解りやすく説明する出来るのがISOコンサルタントなのです。


ISO9000s:1994年版とISO9001:2000年版
ISO9000s:1994年版では「品質保証システム」でしたが、ISO9001:2000年版では「品質マネジメントシステム」となっています。

一定の品質の製品・サービスを提供するために、標準化されたISOシステムを作るという観点から、マネジメントのためのISOシステムになったという点だけでも大きな変化です。

また、ISO9001:2000年版では必ず文書化しなければならないものが減少し、企業が負担に感じていた点を軽減する措置が取られています。その代わりに、顧客満足が強化され、継続的に改善していく為の手法を取り入れなければならないなど、新たな要求事項もありますが、この二つは企業が本来抱えている課題ではないでしょうか。

顧客のことなど考えない。一度作ったら放ったらかしのシステム。これを明らかにしなかったこと、課題としなかったことこそが問題だったのではないでしょうか。

ISOはソリューションツールになりえます。「顧客満足の考え方の定着」「継続的なISOシステム改善の実施」この2つが常時行われている状態を作り出すだけでも有効なソリューションツールであるとお気づきいただけるのではないでしょうか。


顧客満足の仕組みとしてのISO9001:2000年版
皆さんも既にご承知のとおり、ISOにはシステムとしてこの顧客満足を達成することが要求されています。つまり、顧客満足を高めなければならない仕組み作りが求められているということです。

更に言えば、これまでISOが根底にしていながらも、なかなかはっきりとは要求していなかったことをISO9001:2000年版から敢えて表に出してきたのです。

具体的には本来の顧客ニーズは一体何なのかを図り、それを分析し、商品やサービスにどう反映させるのか、そして本当に満足して頂けたかどうかの調査を行い、その結果をもって更に顧客満足度を高めていくという流れです。継続的にこの作業を繰り返すことによって顧客満足を向上させ続けることが可能になるのです。



ISO9001:2000年版の全体感
表面的には9001~9003の9000シリーズが統一され、全てが同じ規格によって審査されます。2000年版のポイントは、経営者の責任が重みを増し、顧客志向が更に強まったことです。

新たな項目としては、顧客満足・顧客不満足を確認するためのモニターやアンケート等の実施が定義づけされています。

「社員の商品説明等に満足しているか」等の質問を顧客にする必要が・・・

その他、言葉の定義も変わり、ISO品質マネジメントシステム、下請負契約者は供給者に、供給者は組織に、新たな言葉では妥当性確認など、1994年版と比較しないとさっぱりわからない言葉が多くなっています。


ISO9001:2000年版の主要な変更点
ISO9001:2000年版での主要な変更点は、トップマネジメントのコミットメントと顧客満足とが一段と重みを増し、組織内のプロセスが重要視され、継続的改善の諸概念が取り入れられたことです。

ISO規格では次のように記述されています。

「組織を成功するように導き、運営するためには、統計的で目に見える方法によって運営管理することが必要である。すべての利害関係者のニーズに向けて、パフォーマンスを継続的に改善するように設計されたマネジメントシステムを実行し、維持することで成功を納めることができる。組織を運営管理するということは、さまざまなマネジメントの規範の中でも、とりわけ品質マネジメントを取り込んでいることである。品質目標の達成を促進するための品質マネジメントの八つの原則が明確にされている。」


ISO9001:2000年版の文書化はたった6つ
ISOといえば文書化!しかし、この「文書化」がISO導入の拡がりを遅らせている原因でもあります。つまり、一般的に、ISOの導入は多くの文書を作成することを意味するのだと考え、取得への挑戦に踏み切れない企業が多いということです。

しかしながら、ISOで文書化を要求されているのはたったの“6つ”です。
ちなみに、

1.文書の管理
2.記録の管理
3.内部監査
4.不適合製品の管理
5.是正処置
6.予防処置

です。それ以外は組織の判断ということになっています。これまでのように文書や記録に囲まれたISOシステムでなく、まさに組織の実情に合わせたISOシステムづくりが現実的になった大きな改正点です。

キーワードでサイト内を検索

ISOの本音と建前 (9件)
ISOブームが会社をつぶす ISO取得目的の本音と建前 ISO取得費用の裏話 ISO文書化の基本 ISOの3つのキーワードと目標の決め方 ISOは大変! ISOでいう品質の意味 ISOで経営課題解決 ISOは手順書からはじめる
 ....続きはこちら
ISOと経営者(利益とコスト) (6件)
ISOと社長の罪 ISOで人材育成と改善の仕組み作り ISOで利益創出 ISO取得費用の考え方 ISO合同取得でコストダウン ISOと利益の考え方
 ....続きはこちら
ISOと社員・組織 (6件)
ISOと社員のボヤキ集 ISOと社員感情 ISOの理想と現実 ISOと組織風土 ISOで目標管理 ISOで社風づくり
 ....続きはこちら
ISO必要度チェック (5件)
ISO導入前チェックについて ISO導入前チェック:目標認識度と社内コミュニケーション度 ISO導入前チェック:組織安定度と組織成熟度 ISO導入前チェック:顧客志向度と能力開発度 ISO導入前チェック:ISO導入準備段階と導入基礎力
 ....続きはこちら
ISOで経営課題解決 (10件)
ISOで顧客満足度アップ ISOで方針浸透 ISOで企業体質改善 ISOで能力開発 ISOでクレーム防止 ISOを営業ツールに ISOで内部統制 ISOで管理者養成 ISOの基本「5つのS」 ISOで業務標準化とスピードアップ
 ....続きはこちら
ISO規格を読み替える魔法 (9件)
ISO品質方針の文書化 ISO「様式」か「要式」か? ISOは「改定」か?「配布」か?「害虫」か? ISOで経営者の見直し? ISO内部監査が「無不監査」に ISOの「是正」「予防」 ISOでの「レビュー」 ISOでの「プロセス」と「コミュニケーション」 ISO規格は「企画」
 ....続きはこちら
ISO9001&14001規格読替要領 (10件)
ISO9001:2000年版規格とは ISOでの「QMS」の意味 ISOの8原則-その1 ISOの8原則-その2 ISO「品質方針」と「品質目標」 ISO的「不適合」「特別採用」「是正処置」 ISO9001特有の解釈 ISO14001:2004年版の基本 ISO14001:2004年版改正点-その1 ISO14001:2004年版改正点-その2
 ....続きはこちら
ISO審査対応Q&A (14件)
ISO審査の基礎知識 ISO審査対応「時間と場所」について ISO審査のQ&A集 ISO審査Q&A:品質目標と文書化 ISO審査Q&A:経営者 ISO審査Q&A:顧客関連及び製品関連 ISO審査Q&A:プロセス関連 ISO審査Q&A:不適合と是正・予防処置関連 ISO審査Q&A:継続的改善・インフラなど ISO審査Q&A:方針・目標・顧客関連 ISO審査Q&A:適用範囲・製品関連・検査基準 ISO審査Q&A:文書管理関連 ISO審査Q&A:内部監査関連 ISO審査Q&A:内部監査関連
 ....続きはこちら
ひそひISOコラム (10件)
ISO不適合と是正処置事例 ISOコラム-ISOは顧客満足か自己満足か ISOコラム-ISO理念と現実 ISOコラム-ISOと組織風土 ISOコラム-ISOと人材 ISOコラム-ISOの文書化と責任 ISOコラム-ISO不適合と特別採用 ISOコラム-ISO成功事例:黒字転換と改革 ISOコラム-ISO成功事例:公共機関と合同取得 ISOコラム-ISOのメリット・デメリット
 ....続きはこちら
ISOお役立ちリンク集 (6件)
SEO-アクセスアップリンク集 ISOリンク集-その1 ISOリンク集-その2 ISOリンク集-その3 ISOリンク集-その4 ISOリンク集-その5
 ....続きはこちら